七五三祈祷

 七五三参りは、男女の別なく三歳、五歳、七歳を祝う地方もありますが、男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳にお参りして祝うのが、最も一般的です。古くは、髪置(かみおき)、袴着(はかまぎ)、帯解(おびとき)などの祝儀が行われていました。現在のように11月15日に一定したのは、天和元年(1681)徳川綱吉の子徳松君をこの日に祝ったのが前例となったようです。
七五三  大人の厄年と称されるものが体力の変化する節を示しているのと同様に、三歳、五歳、七歳は医学的に見ても子供の発育上の段階で 、三歳で言葉を理解し、五歳で知恵づき七歳で歯が生え変わる。その一面いろいろな病気にもかかりやすく、種々な危険が伴う大切な時期であります。この大切な時期に健全な成長を神様に祈ることは親心の自然から起ったものであろうと思われます。
 当日は、父母が子をつれて神様に参り、無事成育お祈りをいたします。服装はさっぱりとした清らかなものなら良いのです。このような、良い日本の伝統を維持せねばなりません。神前に手を合わせた思い出こそ子供に信仰の芽生えを与え、その一生を楽しくさせるものでしょう。

平成29年七五三詣一覧(数え年)
3歳の男児・女児
平成27年1月1日~12月31日生まれ
5歳の男児
平成25年1月1日~12月31日生まれ
7歳の女児  
平成23年1月1日~12月31日生まれ

賀茂神社では、下記の日は七五三祈祷 他を随時承っております

受付時間 午前9:30~午後4:00まで(直接神社へお越しください) 七五三記念品

【10月中】
22日()大安、28日()大安、 29日()赤口
【11月中】
3日(金・文化の日)大安、4日()赤口、
5日()先勝、11日()先勝、12日()友引 、
18日()仏滅、19日()大安


≪上記以外の日は、お電話でご予約願います。≫

社務所378-7072 (予約専用)379-2228